About WSF について

ABOUT WSF

 

The World Shakuhachi Festival (WSF) is the major festival for shakuhachi aficionados from all over the world and is held on different continents approximately every four years since the first festival in 1994 in Bisei, Japan. The others have been in Boulder, USA 1998, Tokyo, Japan 2002, New York, USA 2004, Sydney, Australia 2008, and in Kyoto, Japan 2012.

The WSF2018 in London will be hosted by the world-renowned Goldsmiths, University of London, in partnership with the Asian Music Unit (AsMU) in the Music Department at Goldsmiths.

The WSF2018 continues the tradition established in 1994 of gathering professional and amateur performers, scholars, and enthusiasts of the shakuhachi from around the globe for a festival in the style of an international musical congress. The festival has from its beginning been a rare opportunity in which most of the top players from diverse backgrounds, styles and guilds in shakuhachi, koto and shamisen get together, teach and perform. The WSF has thus become an established event to listen to and learn from the leading players in the world.

WSF18 will consist of a diverse range of concerts, workshops, master classes, lectures, symposiums, exhibitions, study sessions and informal gatherings, most of which are open to the general public. It will be the first to be held in Europe, acknowledging and celebrating the fact that Europe has become a firmly established territory for the shakuhachi with substantial representation of various schools, styles and approaches to the performance of the instrument and its music.

As a part of the World Shakuhachi Festival 2018, a Shakuhachi Symposium will be held on 30th July 2018 at SOAS, University of London.

SOAS is a leading higher education institution in Europe specialising in the study of Asia, Africa and the Middle East and a perfect venue for a symposium on the shakuhachi. The programme committee invites scholars of all fields engaging in any aspect of the shakuhachi to present their research. Fields may include ethnomusicology, anthropology, religious studies, art history, history, Japanese studies, the study of acoustics and many more.

The conference’s Call for Papers will be published in the near future.

More information about WSF2018 in London will be released in due course, please stay tuned!

ワールド•尺八•フェスティバル(WSF)について

 

ワールド•尺八•フェスティバル(WSF)は、世界各国から尺八の学者・研究者 そして尺八愛好家が集結する主要なフェスティバルです。

第1回目の岡山県の美星町(1994年)から始まり、アメリカのコロラド州ボールダー(1998年)、東京(2002年)、ニューヨーク(2004年)、オーストラリアのシドニー(2008年) 、京都(2012年)など、世界各国の様々な地域でほぼ 4年に1度、開催されています。

ワールド尺八フェスティバル2018は、ロンドン大学の名門の機関であるゴールドスミスとゴールドスミスの音楽学部アジア音楽ユニット(AsMU)が開催いたします。

来年ロンドンで開催予定のワールド•尺八•フェスティバル(WSF)2018は、世界各地から尺八の プロ演奏家、アマチュア演奏家, 学者・研究者そして尺八愛好家が集結する国際音楽学会です。第一線で活躍する尺八演奏者達を始め、琴、三味線そして日本の伝統楽器の諸流派の演奏家達が奏でる音色や演奏を聞きながら、お互いに学べる機会でもあります。

ロンドンのワールド•尺八•フェスティバル(WSF)2018では、 コンサート、ワークショップ、マスタークラス、講演会、シンポジウム、展示会、勉強会、自主集会などを予定しています。 ほとんどが一般に公開されるイベントです。
今回のWSF2018は初めてヨーロッパで開催されます。それは、ヨーロッパでも尺八の様々な流派、スタイルが定着し、演奏会が開かれ、その音色が楽しまれていることを皆さんに知っていただく喜ばしい機会であることに他なりません。

尺八シンポジウムが、ワールド尺八フェスティバル2018の一環として、2018年7月30日にロンドンSOAS大学で開催されます。

ロンドンSOAS大学はアジア、アフリカ、中東に特化したトップスクラスの高等教育機関であり、尺八シンポジウムの開催にふさわしい大学です。プログラム実行委員会は、尺八の全ての分野に関わる研究者を招き研究発表の場を提供したいと思います。募集要項は後日お知らせいたします。

シンポジウムで発表された研究は、学術誌として出版される予定です。学術分野としては、民族音楽、人類学、宗教学、美術史、歴史学、日本研究、音響学がなどが含まれます。

ロンドンで開催されるワールド•尺八•フェスティバル(WSF)2018に関する詳細については近日中にお知らせいたします。

 

 

Dates/日付

DATES / 日付

 

Symposium: Monday 30 July 2018 / シンポジウム : 2018年7月30日月曜日

Opening Concert: Tuesday 31 July 2018 / オープニングコンサート:2018年7月31日(火)

World Shakuhachi Festival: Wednesday 1 August – Saturday 4 August 2018 / ワールド尺八フェスティバル
2018年8月1日(水)-8月4日(土)

Venues/会場

VENUES / 会場

 

Symposium: SOAS University of London / シンポジウム : ロンドンSOAS大学
住所: 10 Thornhaugh Street, Russell Square, London WC1H 0XG

https://www.soas.ac.uk

 

Opening Concert / オープニングコンサート: Union Chapel, London
住所: Compton Terrace, London N1 2UN

www.unionchapel.org.uk

 

World Shakuhachi Festival: Goldsmiths, University of London / ワールド尺八フェスティバル:ロンドン大学ゴールドスミス
住所:New Cross, London SE14 6NW

http://www.gold.ac.uk

People/先生方のご紹介

PEOPLE / 先生方のご紹介

Here is our incredible list of shakuhachi players, makers, composers and lecturers coming to the WSF2018 in London! / ワールド尺八フェスティバル2018年 in ロンドンへご来賓の素晴らしいゲスト尺八演奏者、尺八製作者、作曲家、講師たちのリストはこちらです。

DAN Shinku
ENOMOTO Shusui
FUJIMOTO Akiko
FUJIYOSHI Etsuzan
FURUYA Teruo
HOSHIIDA Ichizan
ISHIKAWA Toshimitsu
ISO Genmyo
KAKIZAKAI Kaoru
KAWAMURA Kizan
KAWASE Junsuke
KODAMA Hiroyuki
KURAHASHI Yodo II
KURODA Reison
MATAMA Kazushi
MITSUHASHI Kifu
MIURA Ryuho
MIYAKE Ryoji
IZUMI Takeo
John Kaizan NEPTUNE
NOMURA Hozan
OBAMA Akihito
OKUDA Atsuya
ORIMO Sabu
SATO Kikuko
SEKI Ichiro
SHIMURA Zenpo
SHIRATO Tomoya
SUTO Shuho
SUGAWARA Kuniyoshi
TAJIMA Tadashi
TAKAHASHI Toyomi
TANABE Shozan
TOKUMARU Jumei
YAMADA Fumio
YOSHIKAWA Shigeru
ZENYOJI Keisuke
SAKAI Genshin
Gina BARNES
Clive BELL
Christopher Yohmei BLASDEL
Cornelius BOOTS
Elizabeth BROWN
Yoshie CAMPBELL
Steve COHN
Michael Soumei COXALL
Horacio CURTI
Kiku DAY
Jim FRANKLIN
Michael Chikuzen GOULD
Andreas GUTZWILLER
Wolfgang Fuyugen HESSLER
Phillip HORAN
David HUGHES
KIKUCHI Naoko
KITAMURA Keiko
Suizan LAGROST
Riley LEE
Marco LIENHARD
Gunnar Jinmei LINDER
MIYAZAKI Mieko
Anne NORMAN
Véronique PIRON
James Nyoraku SCHLEFER
José Seizan VARGAS
David Kansuke WHEELER
Zac ZINGER
Jennifer ALLUM
John EDWARDS
Steve NOBLE
Tim HODGKINSON

This list is still subject to minor variation. / 現在の参加者のリストです。変更の可能性があります。ご了承お願いいたします。

Accommodation/ご宿泊

Accommodation / ご宿泊

Some suggestions of hotels & hostels around Goldsmiths to suit different budgets./
ご予算で選ぶゴールドスミス近郊のおすすめホテル&ホステル

HOTELS / ホテル

Travelodge, Greenwich /トラベルロッジ(グリニッジ)

Cheap deals possible if booked early./ 早期予約の割引有り

Price per night / single room /double room: £ 69
料金 1泊/シングルルーム / ダブルルーム: £ 69

£ 54 (no amends or refunds / 予約の変更/キャンセル 不可)

Distance to Goldsmiths: 1.1 km (16 minute walk)./ ゴールドスミスまでの距離: 1.1 km (徒歩16 分)

Address/所在地:
Blackheath Road
Greenwich
London SE10 8DA

w: www.travelodge.co.uk
t: 0871 984 6508


StayCity Aparthotels (Deptford Bridge) / ステイシティ アパートメント-(デットフォード ブリッジ)

Price per night / single room /double room: £ 89
料金 1泊/シングルルーム /ダブルルーム: £ 89

Distance to Goldsmiths: 1.3 km (19 minute walk)/ ゴールドスミスまでの距離: 1.3 km (徒歩19 分)

Address/所在地:
18-20 Deptford Bridge
London SE8 4HH

w: www.staycity.com
t: 020 8694 0793
e: deptford.info@staycity.com


Doubletree By Hilton London Greenwich Hotel / ダブルツリー バイ ヒルトン ロンドン グリニッジ ホテル

Price per night / single room: £107
料金 1泊/シングルルーム: £107

Price per night / double room: £125
料金 1泊/ダブルルーム: £125

Distance to Goldsmiths: 1.3 km (19 minute walk)./ ゴールドスミスまでの距離: 1.3 km (徒歩19 分)

Address/所在地:
Catherine Grove
London SE10 8BS

w: www.galahotels.com
t: 020 3384 64 48


Premier Inn, Greenwich / (プレミア イン、グリニッジ)

Cheap deals possible if booked early./ 早期予約の割引有り

Price per night / single room / double room: £80
料金 1泊/シングルルーム / ダブルルーム: £80

£ 60 (no amends or refunds / 予約の変更/キャンセル 不可)

Distance to Goldsmiths: 1.3 km (20 minute walk)./ ゴールドスミスまでの距離: 1.3 km (徒歩20 分)

Address/所在地:
43-81 Greenwich High Road
Greenwich
London SE10 8JL

w: www.premierinn.com
t: 0871 527 9208


StayCity Aparthotels (Greenwich High Road) / ステイシティ アパートホテルズ (グリニッジ ハイ ロード)

Price per night / single room / double room: £130
料金 1泊/シングルルーム /ダブルルーム: £130

£ 117 (no amends or refunds / 予約の変更/キャンセル 不可)

Distance to Goldsmiths: 1.5 km (20 minute walk)./ ゴールドスミスまでの距離: 1.5 km (徒歩20 分)

Address/所在地:
65 Greenwich High Road
Greenwich
London SE10 8JL

w: www.staycity.com
t: 0208 691 5282
e: greenwich.info@staycity.com


Hotel Novotel, Greenwich / ホテル ノボテル グリニッジ

Price per night / single room: £143
料金 1泊/シングルルーム: £143

Price per night / double room: £151
料金 1泊/ダブルルーム: £151

Distance to Goldsmiths: 1.7 km (25 minute walk)./ ゴールドスミスまでの距離: 1.7 km (徒歩25 分)

Address/所在地:
173-185 Greenwich High Road
London SE10 8JA

w: www.novotel.com
t: 020 7660 0682


Premier Inn, Lewisham / プレミア イン、ルイシャム

Price per night / single room / double room: £86
料金 1泊/シングルルーム/ダブルルーム:

£ 64.50 (no amends or refunds / 予約の変更/キャンセル 不可)

Distance to Goldsmiths: 2.2 km (30 minute walk or 9 by bus)./ ゴールドスミスまでの距離: 2.2 km (徒歩30 分/バス9分)

Address/所在地:
1-13 Lewisham High Street
Kings Hall Mews
London SE13 5AF

w: www.premierinn.com
t: 0871 527 9480


Ibis, Greenwich / アイビス、グリニッジ

Price per night / single room / double room: £125
料金 1泊/シングルルーム/ダブルルーム: £125

Distance to Goldsmiths: 2.2 km (31 minute walk) or 15 by bus./ ゴールドスミスまでの距離: 2.2km (徒歩31 分/バス15分)

Address/所在地:
30 Stockwell Street
London SE10 9JN

w: www.ibis.com
t: 020 8305 1177


Clarendon Hotel, Blackheath / クレアンドン ホテル、ブラックヒース

Price per night / single room: £80
料金 1泊/シングルルーム: £80

Price per night / double room: £104
料金 1泊/ダブルルーム: £104

Distance to Goldsmiths: 3.5km (21 minutes by bus)./ ゴールドスミスまでの距離: 3.5 km (バス21 分)

Address/所在地:
8-16 Montpelier Row
Blackheath
London SE3 0RW

w: www.clarendonhotel.com
t: 020 8318 4321

HOSTELS / ホステル

New Cross Inn Hostel / ニュー クロス イン ホステル

Price: average £19 per night for mixed dormitory./ 料金:男女混合ドミトリーの平均料金 £19

Distance to Goldsmiths: a few minutes walk./ ゴールドスミスまでの距離: 徒歩数分

Address/所在地:
323A New Cross Road
London SE14 6AS

w: www.newcrossinn.co.uk
t: 0208 691 7222
e: newcrossinn@heltd.org


Venture Hostel / ベンチャー ホステル

Price: £ 13 – £ 23 (mixed dormitory and female only dormitory) / 料金:£13 – £23 (男女混合ドミトリーと女性用ドミトリー)

Distance to Goldsmiths: 1 km (12 minute walk). / ゴールドスミスまでの距離: 1 km (徒歩12 分)

Address/所在地:
86 Tanner’s Hill
Deptford
London SE8 4PN

w: www.venturehostels.com
t: 020 8692 6219
e: reservations@venturehostels.com


St Christopher’s Inn, Greenwich / セイント クリストファーズ イン、グリニッジ

Price: £15 per night in dormitory. / 料金:1泊 £15 ドミトリー

Distance to Goldsmiths: 1.8 km (25 minute walk or 13 by bus)./ ゴールドスミスまでの距離: 1.8 km (徒歩25 分、バス13分)

Address/所在地:
189 Greenwich High Road
Greenwich
London SE10 8JA

w: www.st-christophers.co.uk

 

All hotels and hostels had availability at the beginning of the year, but London, and the summer season is particular, can get very busy with visitors. For best prices, choice and availability please book rooms as early as possible./
今年の初めには、全ての宿泊施設に空室がございましたが、特に夏季のロンドンは観光客で混雑致しますので、ご希望に沿った宿泊施設にベストプライスでお部屋を確保される為には、なるべくお早目のご予約をお勧めいたします。

Further options:
It is of course worth checking out sites like www.booking.com for Bed & Breakfast type accommodation as well as www.airbnb.com for private accommodation.
You may find other deals for your stay during the WSF2018 there.

その他の宿泊施設情報:

*ベッド&ブレックファストタイプの宿は此方のサイト; www.booking.com*プライベートアコモwww.airbnb.com から検索して頂くことも出来ます。WSF2018 開催期間限定のお得な宿泊情報が見つかるかも知れません。

*ベッド&ブレックファスト
主に英国で用いられる朝食付き民宿で
アットホーム

*プライベートアコモ
小規模な民宿や個人がゲストを受け入れる形の宿

 

Symposium/シンポジウム

Symposium / シンポジウム


Please scroll down for Japanese text /日本語は英語の下にあります。

Call for Papers

Shakuhachi Symposium 2018
SOAS, University of London, London, UK
Date: 30 July 2018

Abstract submission deadline: Wednesday 28 February 2018

The Shakuhachi Symposium Executive Committee is now accepting individual paper proposals for the 2018 Symposium in London, UK.

Set in one of the leading capitals of Europe and two days before the World Shakuhachi Festival, the symposium provides a stimulating environment for intellectual exchange on a wide range of topics and themes pertaining to research on shakuhachi.

We are aiming for the Symposium to embody an interdisciplinary approach; we thus invite proposals from and across all fields of scholarly inquiry, including ethnomusicology, performance research, anthropology, art history, sociology, Japanese studies, study of acoustics, history etc. We hope that this broad approach to shakuhachi research will help to develop new perspectives in the study of the instrument, the music and the people engaging with the shakuhachi in some way or other.

The shakuhachi has a fascinating history, reaching back to Tang Dynasty China when it was, among other things, an instrument of court music that later arrived in Japan via Korea. Over the centuries in Japan, the construction of the shakuhachi was modified, and during the 18th century, rather than being played at court, it became officially the exclusive instrument of the komusō monks of a subsect of Rinzai Zen, the Fuke sect. Shakuhachi researchers specialising in the history of the instrument have illuminated aspects of this period including the lives of the komusō monks, the repertoire, the organisation of the Fuke sect, and much more. There remains, however, much to be explored and analysed. The Fuke sect and shakuhachi playing has been surrounded by a certain mystique, which led to the instrument and the komusō monks with their characteristic tengai – a headgear that entirely covered the player’s face – being depicted in paintings, or as a character in a kabuki plays, which in turn led to portrayals of actors posing with a shakuhachi on woodblock prints. Thus the study of the shakuhachi is indeed complex.

Today, the shakuhachi is the Japanese instrument which enjoys the greatest international success, alongside the Japanese drumming ensemble taiko. The shakuhachi has not only crossed geographical and cultural borders as, for example, an instrument played by immigrants in Latin America and some parts of the USA, but has also been the subject of cultural exchange since the 1960s, with hundreds of shakuhachi aficionados gathering at festivals and workshops across the globe and a substantial number of compositions created by both Japanese and non-Japanese composers. We seek to encourage research on the many ways in which shakuhachi music is represented and claimed and how it interacts with other musical genres and cultures, leading to a diverse and multifaceted spectrum of creative activity.

Keynote Speakers

We are pleased to welcome our two keynote speakers at the first Shakuhachi Symposium 2017:

ZENPO Shimura, professor, Osaka University of Fine Arts, Osaka, Japan. His keynote speech will be titled: Is the Shakuhachi evolving? The soul of the two types of shakuhachi in the contemporary shakuhachi world and the paths of the four different shakuhachi.

David W. HUGHES, former Head of Music Department, SOAS, University of London
‘My personal shakuhachi journey to the world of folk song’ (min’yō)

 

Proposals

We invite proposals for 20-minute papers, followed by 10 minutes of questions on any topic related to the shakuhachi, independent of academic discipline.

Areas of discussion may include, but are not limited to:

• The history of the shakuhachi and the komusō
Shakuhachi ryūha and lineages
Shakuhachi depicted in historical documents
Shakuhachi depicted on kabuki woodblock prints
Shakuhachi as a social connecting agent today across cultural and geographical borders
Shakuhachi and gender
Shakuhachi in composition and performance
Shakuhachi, identity, memory and value
Shakuhachi, instruments and their construction
Shakuhachi and place: local differences
Shakuhachi, internationalisation and globalisation
Komusō and their religious practice
Shakuhachi in movie sound tracks

 

Application procedure

Please submit an abstract for a paper presentation (300 words max), along with a very short biographical note (50 words or less) about the presenter.

Proposals should be submitted to the programme chairs, Kiku DAY and Gunnar Jinmei LINDER, via email to symposium@wsf2018.com by midnight (Central European Time) on Wednesday 28 February 2018.

We anticipate that results of the abstract selection process will be advised around the beginning of April 2018. Questions should be addressed to Kiku DAY or Gunnar Jinmei LINDER, symposium@wsf2018.com.

Note: An edited volume consisting of some of the papers to be presented at the symposium are being planned. Please indicate if you are interested in writing a chapter in this volume on shakuhachi.


For all participants (listeners as well as presenters) please pay the participation fee of £30 before the conference.
For details about registration and payment for the Shakuhachi Symposium please contact Kiku Day at symposium@wsf2018.com

Organisation:

European Shakuhachi Society, Japan Research Centre, SOAS and SOAS Music Department

学会発表の募集

 

尺八シンポジウム2018
英国、ロンドン大学、SOAS
日付:2018年7月30日

発表要旨提出期限:2018年2月 28日

尺八シンポジウム2018実行委員会は現在、英国ロンドンで7月30日に開催されるシンポジウムの発表者を募っています。

幅広い学問分野、例えば民族音楽学、パフォーマンス研究、人類学、美術史、社会学、日本研究、音響学、歴史学などあらゆる分野からの発表を募集しています。 この広いアプローチが、 尺八を吹く人々、楽器、音楽の研究に新しい視野を広げる機会になることを願っています。
同じくロンドンで、2日後に行われるワールド尺八フェスティバルと共に、この シンポジウムは、尺八の研究に関する幅広いテーマによって知的交流に刺激的な効果をもたらすことが期待されます。

尺八は中国の唐時代に遡る興味深い歴史を持っています。当時は宮廷音楽の楽器でもあり、朝鮮を経て日本に伝来し、雅楽でも使用されましたが、10世紀になると雅楽の楽器から外されました。その後尺八は多岐に広がり、数世紀にわたって尺八の製管方法も改正され、18世紀に臨済宗の普化宗派の虚無僧の修行的トレーニングのために使われた法器になりました。
尺八の歴史を研究する専門家は、これらの時代の諸相、例えば普化宗の制度、虚無僧の生活等を明らかにしています。しかし、調査されて分析されるべき課題がまだ多く残されています。普化宗の僧侶達と尺八の演奏は、ある種の神秘性を醸し出しており、虚無僧の顔を完全に覆う独特の天蓋姿は絵にも描かれ、歌舞伎にも登場し、歌舞伎役者特有のも描写に繋がりました。 これは一例ですが、尺八の研究はまだ興味深い様々なテーマを残しています。

現代、尺八は太鼓と並んで注目され、世界的に大きな成功を収めている日本の楽器です。尺八は、例えば、アメリカ西海岸や南米に移住した日本人が演じる楽器としてだけではなく、1960年代から日本と世界の音楽文化交流の魅力的な楽器の一つになりました。日本以外でのフェスティバルやワークショップで数百人の尺八の愛好家が集まるようになり、現代音楽の作曲家にも注目され、地理的・歴史的・文化的境界線を越える楽器となりました。

尺八の音楽がどのように解釈され、他の音楽のジャンルや文化とどのような関わりを持ち、将来的にどのような新たな創造活動に展開していくか期待されます。

基調講演者

第1回尺八シンポジウム2018では二人の基調講演者を招待しています。
大阪芸術大学教授、志村 哲(禅保)。タイトル:「尺八は進化していますか?現代の尺八世界における2つの尺八の魂と4つの異なる尺八の道」

ロンドン大学SOAS音楽学科元専攻長デイヴィッド・W・ヒューズ。
「私の個人的な尺八から民謡の世界への旅」

シンポジウム発表に関するお知らせ:

募集要項

発表テーマ:尺八に関連するあらゆる課題。
発表時間:20分。質問10分。

発表テーマとして以下に例を挙げますが、他の課題でも可能です。

・尺八と虚無僧の歴史
・尺八の流派と一門
・歴史文書に見る尺八
・歌舞伎浮世絵に見る尺八
・文化や国を越えた今日社会をつなぐ手段としての尺八
・尺八と性別ジェンダー
・作曲と演奏における尺八
・尺八、その独自性、過去のとらえ方と価値
・楽器としての尺八とその作製
・尺八と場所:地方による違い
・尺八、国際化とグローバル化
・虚無僧とその修行
・映画音楽の中の尺八

申し込み手続

 

1.略歴:200字程度(メールアドレス必須)

2.論文要旨の提出
期限:2018年2月28日水曜日
文字数:600ー700字
言語:原則英語ですか、日本語も可
送り先•連絡先:symposium@wsf2018.com
採用結果:2018年4月上旬にメールで送付します

参加費30ポンドの支払はシンポジウムの前に宜しくお願いいたします。
尺八シンポジウムの参加登録と支払いの詳細については、symposium@wsf2018.com までお問い合わせください。

主要論文は発表者の了承を得て、シンポジウム報告書(仮題)に掲載させていただきます。

シンポジウム実行委員会:

ヨーロッパ尺八協会会長Kiku DAY
実行委員Gunnar Jinmei LINDER

シンポジウム組織員会:

ヨーロッパ尺八協会
ジャパン•リサーチ•センター
SOAS音楽学部

Organisers/企画運営団体

ORGANISERS / 企画運営団体

 

European Shakuhachi Society / ヨーロッパ尺八協会
(Registered UK Charity, no. 1123060) / (イギリス慈善団体)

www.shakuhachisociety.eu

 

Kokusai Shakuhachi Kenshūkan / 国際尺八研修館
(Japan Affiliated Coordinating Body) / (日本側協調委員会)

www.shaku8.com/kenshukan

Sponsors/スポンサー

SPONSORS / スポンサー

 

 

 

Contact/お問い合わせ

CONTACT / お問い合わせ

 

Please contact us at the following email addresses: / お問合せについては下記のアドレスへお送りください。

General enquiries / お問い合わせ(一般): info@wsf2018.com

Japanese language enquiries / お問い合わせ(日本語): info-japan@wsf2018.com