会場

WSF2018が使用する全ての会場、室や場所についての詳細

ユニオン・チャペル ロンドン
高く評価されている誇り高い上演劇場で、ロンドンの中心地、イズリントン区に位置します。19世紀末に建てられた、ゴシック・リヴァイヴァル様式の建築で、ファーストクラス教会で、「Friends for all - 皆の友」を主旨として設立されました。
八角形の一階建てで、バルコニー席が設けられています。全900席が、初期からの木製信者席です。聖堂内の、いずれの席に座ってもよく見渡せるように設置されています。
ゴールドスミス・グレイト ホール
ロンドン中で、音響効果が最も優れた会場の一つで、オーケストラによる演奏が、頻繁に行われています。以前はパレードが行われていた場所でしたが、1890年に、J.W.ペンホールド氏の設計デザインをを基にこのホールが創立されました。
聖堂は580名、バルコニーには140名の観客を収容出来ます。
デットフォード・タウンホール
1905年に創立された、第2階級に登録されているタウンホールです。 海運史上を記念する建築が特徴です。
ホール内には、市議会議議事堂があります。200名の収容が可能で、音楽演奏リサイタルにも最適です。
セント・ジェームズ・ハッチャム・ビル
此方のアイコン的な建築様式のこの教会は、最近4階建ての多用途目的の施設に生まれ変わりました。
WSF2018の幾つかのランチタイムコンサートは、此方で上演されます。
プロフェッサー・スチュアート・ホール・ビル
建物内にある、2つの大教室とウェストンアトリウム(中央大広間)が、昼食エリアです。
レクチャー ルーム(講義室) - LG02
250名用の座席があります。 朝の集会、 ロ吹き、マスター クラス, ワークショップと講義に利用されます。
レクチャー ルーム(講義室) - LG01
LG02と似た部屋で、120名用の席が備えてあります。 マスター クラス、ワークショップと講義に利用されます。
ザ・ウェストン・アトリウム
WSF2018参加者専用の昼食エリア。
リチャード・ホガート・ビル
ゴールドスミスのメインの建物、入口になります。ビル内には、グレイトホール、今回利用する殆どの教室、それに「サーティファイブ カフェ」もあります。
ティーチング ルーム(教室)
ザ シックス RHB ティーチングルームでは、ワークショップや講義、そして初心者用のクラスが行われます。
サーティファイブ カフェ
紅茶やクリスプ(ポテトチップス)、ビスケットなどがお召し上がりできます。
ゴールドスミスのキャンパス地図
bottom-tsuru-300x300